やずやについて

HOME >  やずやについて > 企業理念 > 商品(ものづくり)

企業理念 〜商品(ものづくり)〜

昔ながらの伝統や食べものの知恵を、食べやすいカタチに。

あたり前のことですが、体は食べたものでしかつくられません。人は、生きるために食べるのです。
だからこそ健康で若々しく生きるためには、何を、どれくらい、どのように料理して食べればよいかを、ちゃんと考えた日々の食事がとても大切なのです。

ところが今、ライフスタイルの多様化もあり、日本の「食事」が以前とは変わってきています。
主食のごはんを食べない、野菜を食べない、伝統食を食べない。
栄養バランスのよい食生活が健康に大切なことは、よく分かっているけれども忙しい日々の中で、理想の食事ができないということもあるでしょう。

だからこそ、手軽に摂れて、健康づくりに役立つ商品を、自然由来の材料でつくりたい。
現代では容易に摂ることが難しくなった栄養素を、ライフスタイルに合わせて習慣的に摂れるようにしたい。
その想いが私たちの商品づくりの出発点です。

「大切な人に薦めたくなるもの」だけを。

私たちの商品づくりのコンセプトは”自然・健康・本物”であることです。原料や製法を実際に見て、これまで食べ続けられてきたもの、私たちが感動したもの、将来ずっと残したいもの。そういった本物しか商品にしない、販売しないという気持ちで、ものづくりに取り組んでいます。

また、商品づくりのプロセスでいつも頭にあるのは、”自分の大切な人の顔”です。大切な人に元気で長生きをして欲しい、健やかな人生を送って欲しい。
そのために役立てられる商品かどうか、喜んでもらえる商品かどうか。
やずやでは「売れるかどうかより、自分たちが欲しいと思うか、大切な人にお薦めできるかどうか」という基準を大切にしています。

ページ上ヘ